債務を減らすサポート|これから不動産売却をするなら流れを確認しておこう
部屋

債務を減らすサポート

メンズ

返済が困難になった場合に

現在の日本では、住宅の購入にかかる費用は、地域や築年数によりますが、3000万円ほどが相場となっています。それだけの金額を用意することは簡単ではなく、そのため多くの人が住宅ローンを利用して住宅を購入しています。住宅ローンの利用により、資金が少ない人でも住宅の購入が可能となりますが、もちろん利用した以上は返済が必要となります。しかも3000万円借り入れした場合、完済までの期間によっては利息の支払いが1000万円ほどになるのです。そのため返済が困難になるという人も多いのですが、そのような人のために昨今では、専門家による任意売却のサポートがおこなわれるようになっています。サポートを依頼した場合、住宅を可能な限り良い条件で売却し、それによって住宅ローンの債務を大幅に減らすことが可能となるのです。

競売が開始される前に

住宅ローンを利用して購入した住宅は、基本的には債権者が所有していることになっています。そのため返済が滞った場合、債権者はその住宅を売却することで、貸したお金を回収しようとします。売却は競売によっておこなわれるのですが、競売だと多くの場合、売却価格が相場よりも安くなります。つまり売却したとしても、債務が多く残る可能性が高いということです。ところが任意売却なら、文字通り任意での売却ですから、高値で購入する人が見つかってから売却することが可能です。もちろん買い手との交渉次第で、より高く売却することも可能となるのです。ただし行動が遅いと債権者による競売が開始されるので、任意売却はスピード勝負となっています。そのため多くの人が、専門家のサポートを得ながら任意売却を進めているのです。