家が欲しい|これから不動産売却をするなら流れを確認しておこう
部屋

家が欲しい

一軒家

お得な物件があります

中古住宅は嫌だけれど、新築住宅を買えるほど予算の余裕はないという人が少なくありません。そのような人にお勧めできるのは、新古物件です。新古物件というのは、築1年以上2年未満の未入居物件のことです。不動産取引の慣習上、築1年を経過した住宅は、たとえ未入居だったとしても、中古物件として取り扱われることになっています。いわゆる売れ残り物件ですので、販売価格がグッと値引きされています。しかし、実際にはまだ誰も住んでいませんから、内装や外装は新築時とほとんど変わりありません。実質的には、中古価格で新築住宅を購入できることになるため、とてもお得です。ただし、新古物件と派手に銘打って販売しているケースはまずないので、不動産業者に相談してみる必要があります。たとえば川越で家を買いたいと考えているのなら、川越に店舗を構えている不動産業者に相談してみるとよいです。売れ残り物件を抱えている川越の建築業者が、地元の不動産業者に物件の仲介を依頼していることがしばしばあります。不動産業者の店舗に行けば、表には情報が出ていない川越の新古物件を紹介してもらうことができます。

新古物件のメリットとは

新古物件を購入するメリットはいくつかあります。まず第一にあげることができるのは、安い値段で新築同然の家を購入できる点です。先程も言ったように、取引上は中古住宅として取り扱われることになっていますので、値段がかなり安くなっています。次にあげることができるのは、お買い得な優良物件が多いという点です。売れ残りと言っても、最初から人気がなくて売れ残ってしまったというケースは稀で、ほとんどがローン審査に落ちた買主が中途解約した物件です。そのため、ビックリするほど良い物件が安値で売りに出されていることが多いです。そして三つめにあげることができるのが、有利な条件で住宅ローンを組むことができるという点です。築2年未満の未入居物件であれば、ローン上は新築物件として取り扱ってもらうことができます。新築向けの住宅ローンを利用することができるので、とてもお得です。